J-SHINE 特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

区切り線
小学校英語活動アンケート
J-SHINEフォーラムを実施
教育委員会訪問報告
J-SHINEトレーナー検定試験の概要
J-SHINE通信

J-SHINE では賞状を販売しております プラスチック製の小学校英語指導者資格証明書 (ID カード) のほかに、2008 年 8 月から、新たに紙製の資格証明書を発行することになりました。これは、希望者の方に有料でお届けいたします。費用 1,800 円

資格をとりたい方

「小学校英語指導者資格」を取得したい方は、J-SHINE の認定を受けた登録団体が主催する「指導者養成講座」を修了し、その団体より「小学校英語指導者」としての推薦を受けなければなりません。ご自分が研修を受ける団体を決め、受講修了時にその団体の「資格認定の手続き」に従い書類などを作成し、指導者認定審査料とともにその団体へお申込みください。

また、研修講座の受講修了のほか、次の 2 点の基準を満たしている必要があります。

  1. 指導時間 50 時間以上の実施経験があること。
  2. 英語力の目安として、英語で授業が行えること。

50 時間の指導経験については、当面次のように扱います。

  1. 小学校での経験の有無にこだわらず、英会話スクール、学習塾、自宅教室、公民館、家庭教師などの経験をすべて含めて合計 50 時間以上の経験時間があること。
  2. その中には、見学の時間も含んでもよい。ただし、見学の時間は20時間以内とする。
  3. 小学校の通常授業での指導経験が 35 時間以上ある場合 (見学の時間は含まない) には、50 時間を満たさなくてもよい。
  4. 英語の指導経験であること(日本語を母語としない幼児、児童に対しては英語を使っての指導を含む)。
  5. 小中学校での指導経験については 1 コマを 1 時間として認定する。
  6. 指導の対象は、満 3 歳から満 12 歳までとする。
  7. 中学生の指導時間については、10時間のみ50時間の指導経験に含めてもよい。
  8. 指導の際の「打合せの時間」は指導経験に含めない。

指導経験が 50 時間未満の人は「準認定指導者」として推薦を受けることができます。 小学校英語準認定指導者は、指導時間が 50 時間を越えたと登録団体が認めた段階で、「小学校英語指導者」(正資格)に書き換えることができます。