J-SHINE 特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

区切り線
小学校英語活動アンケート
教育委員会訪問報告
J-SHINEトレーナー検定試験の概要
J-SHINE通信

J-SHINE では賞状を販売しております プラスチック製の小学校英語指導者資格証明書 (ID カード) のほかに、2008 年 8 月から、新たに紙製の資格証明書を発行することになりました。これは、希望者の方に有料でお届けいたします。費用 1,800 円

会員規約

 小学校英語指導者認定協議会は、世界の未来を担う子どもたちの健全な育成と教育の国際協力を目的として、特定非営利活動促進法 (平成 10 年法律第 7 号) により内閣府から設立の認証を受けた非営利活動法人 (NPO : Non Profit Organization) です。営利を目的とせず、「万人は一人のために、一人は万人のために」(One for All, All for One) を基本精神として、活動を行います。本協議会に参加された会員の皆さんが、この組織にどのようにかかわり、相互の助け合いと協力を進めていくのかを明確にするために、本規約を作っています。会員として本規約をもとに、我々の活動を発展させていくために、ともに力をあわせて行きたいと思います。
 なお、本協議会の活動の原資を得るため収益事業部門を併設し、その事業収益金と会員の年会費を活動資金とします。また、最高意志決定機関として理事会 (任期 2 年) を設置し、理事会の代表者として理事の互選によって会長を選任し、会長が本協議会を代表します。

第 1 項 基本理念

 本協議会の会員は、NPO 活動の基本が相互協力精神にあることを理解する。そして、基幹会員は主体的に本協議会の活動をすすめ、相互に自助努力・自己研鑽に励み、相互協力・協調連帯し、活動を通して社会に貢献する。

第 2 項 活動指標

 本協議会の会員は本協議会の活動を通して、次代を担う子どもたちの健全なる育成のために、日本社会の学校や地域における教育に貢献する。基幹会員は現状の教育の改革に向けて活動する教育研究団体等と協力し、小学校英語教育の発展をはかる。

第 3 項 義  務
  1. 本協議会の会員は、定められた会費を負担し、本協議会の活動をささえる。
  2. 基幹会員は自らの教育資源を独占せず、正当な対価で他の基幹会員に提供し、他の基幹会員が開発した教育資源を積極的に利用することを通して、協同に利用できる教育資源の質的向上をはかる。
第 4 項 権  利
  1. 基幹会員は本協議会の総会における議決権を持ち、理事会に対して直接の議事提出権を持つ。
  2. 基幹会員は本協議会の教育資源・教育情報を理事会の許可を得れば利用することができる。
  3. 基幹会員は本協議会の開発した教育資源に関する全ての情報を共有できる。
第 5 項 支援活動

 本協議会の会員は世界の子ども達への支援活動を個々に行うだけでなく、本協会を通して広く他の会員に呼びかけ、積極的に支援活動の輪を広げることに努める。