トレーナー検定試験の概要

概要

 J-SHINE では、小学校英語指導者育成トレーナー(以下、J-SHINEトレーナー)資格取得のための検定試験を年に1回実施しています。
 試験は、筆記試験と実技試験で構成されています。それぞれ独立した試験で、同時期に受験することも、時期を分けて受験することも可能です。いずれか一方に合格してから3年以内にもう一方を合格し、合否判定会議に通った方が資格を取得できます (一方に合格すれば、その権利は3年間有効です)。資格の有効期間は4年間です。資格取得後はJ-SHINEトレーナーとして資格更新していただきます。

 現在J-SHINEトレーナー資格保持者は国内外に121名(2017年9月時点)いらっしゃいます。
 地域の教育アドバイザーとして活躍されている方、国内外の登録団体のインストラクターとして指導者の養成にあたる方、大学や短大で学生の指導をされている方、小学校現場で指導を継続されている方、J-SHINEトレーナー同士協力しフォローアップ研修講座を開催することで資格取得者へのバックアップをする方、また大学院に進み専門的に研究する方と活躍の場が拡がっています。

 これからJ-SHINEトレーナーを目指す方達に、以下を身につけていただきたいと考えます。
  1. 理論に裏付けられた実践を行うことができる能力。
  2. 自らの活動(指導)を理論的に説明できる能力。
  3. 常に最新の情報を知る努力を怠らない姿勢。
  4. 専門用語や最新情報を自分の言葉で伝えることができる能力。
  5. 高いコミュニケーション能力。   (相手が求めていることを瞬時に判断し、的確なアドバイスができる能力)
  6. 適切で正しい英語を運用する能力。

2017年度 トレーナー検定試験概要

PAGE TOP