J-SHINE 特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

区切り線
小学校英語活動アンケート
教育委員会訪問報告
J-SHINEトレーナー検定試験の概要
J-SHINE通信

J-SHINE では賞状を販売しております プラスチック製の小学校英語指導者資格証明書 (ID カード) のほかに、2008 年 8 月から、新たに紙製の資格証明書を発行することになりました。これは、希望者の方に有料でお届けいたします。費用 1,800 円

「小学校英語指導者」資格
「小学校英語指導者」資格

小学校での英語活動・英語教育を行う上で、必要な知識と技能を有し、児童英語教育指導者として十分な能力を有すると J-SHINE が認めたもので、「小学校英語指導者」は J-SHINE の認定する資格すべての基本となる資格です。

「小学校英語準認定指導者」資格
「小学校英語準認定指導者」資格

「小学校英語指導者」資格を付与するには指導経験時間が不足しているが、指導者としての知識などについて一定の技能と知識を有していると認定するものです。この資格を得た後、その指導者の指導時間が 50 時間を越えたと登録団体が認めた段階で、「小学校英語指導者」の正資格に書き換えることができます。

「小学校英語上級指導者」資格
「小学校英語上級指導者」資格

「小学校英語指導者」資格を取得した後、小学校での指導時間数が200時間を超えて、小学校長もしくは教育委員会から認定を受けたを優れた指導者として J-SHINE が認めたものです。

資格取得後条件を満たした時点で、随時申請を行うことができます。 また、通常の指導者資格と上級資格をあわせて所持する必要はありません。
ただし、当面は 200 時間指導経験について、小学校通常授業の指導経験が 100 時間以上あり、かつ放課後や土曜、夏休み等の英語活動が 100 時間以上あれば、小学校での指導時間数が 200 時間あるものとして扱うことができます。この場合の放課後等の活動とは、文部科学省、各地域の教育委員会、小学校など行政からの委託事業のことを指し、英会話スクールや英語塾などでの一般的な民間での指導は含めません。また、この場合の指導経験については、学校長や教育委員会に代わって当該事業運営団体の責任者の証明を用いるものとします。

→ 条件・小学校英語活動指導時間証明書 (MS ワード)

「小学校英語指導者育成トレーナー」
「小学校英語指導者育成トレーナー」

この資格は、「英語指導者育成講座を企画立案し、指導者を指導する者」としての知識・技能などの能力を備えていることを認定する資格です。J-SHINE が主催する資格検定の試験に合格することで資格が付与されます。
トレーナー資格も、通常の指導者資格や上級資格とあわせて所持する必要はありません。